メニュー 閉じる

ワンドの7

ワンドの7
ワンドの7(逆位置)

ワンドの7は6人から攻められていますが、地の利を生かして善戦しています。そして、ここに描かれている人物、これはあなたです。近未来や結果にこのカードが出ると、あなたは、近未来か最終結果として「この人物のようになっている」ということになります。

1.どんな状況?

あなたは下からワンド(棒)で突かれています。でも逃げずに対応していますね。あなたの方が上にいますので、主導権を取っています。そして状況としてはあなた主導で有利に進めていることがわかります。下からの棒が何を意味しているのかですね。多くの仕事やタスク、課題や宿題かもしれませんし、ライバルや組織かもしれません。

日常あるあるシチュエーション

  • 試験や面接はあなたに有利に進んでいる(パスできそうな)状況
  • あなたが他の競争相手よりリードしている状況。勝てそうな状況
  • 相手との交渉があなた側に有利な状況。コンペでいい感触を得ている。
  • あなた主導で物事が進んでいる。あなたがイニシアチブを取って進めることができている。
  • かなりの仕事量(宿題)だけど、頑張ってこなしている。
  • 地の利がある、得意な方法でスムーズに順調に進んでいる。

などなど、あなたがカードを見て思いつくことは全て正解です。

2.逆位置はどうなる?

逆になると、あなたが主導権を持っているのにもかかわらずその有利さを活かせない状況です。苦戦しています。あなたの進め方に問題がありそうです。

  • あなたのチームがリードを守りきれずに負けてしまう。
  • あなたの得意なやり方で進めているのにうまくいかない、苦戦している。結果がよくない。
  • 善戦はするけど、結果的に負けてしまう。
  • リーダーのあなたが部下やメンバーから突き上げを食らう。グループをまとめきれない。
  • 相手やライバルとの争いがヒートアップする。一触即発の状況。
  • 仕事や勉強中に横槍が入り思った通りに進まない。余裕をもってできていない。
  • 恋愛でパートナーを横取りされてしまう。トラブル発生。

などなど、 あなたがカードを見て思いつくことは全て正解です。

3.アドバイス

アドバイスとして出た時の読み方は、このカードのようになりなさいというアドバイスになります。つまりあなたが主導権を取って進めましょうとカードは伝えています。

正位置なら、自分の得意な方法で進める、上に立ってイニシアチブを取る、先手必勝で逃げ切るなど、あなたのペースで変化球は使わずに正面から取り組んでいけば大丈夫でしょう。受け身にはならないことですね。

逆位置なら、逆の状況になりましょうということなので、あなたが主導権を取らないほうがいいよ!ということですね。あなたが中心に進めると、逆にトラブルの種ができてしまいます。あなた中心で進めない、マウントを取らない、受け身になるなど、正面切ってやるより柔軟に少しやり方を工夫したほうが良さそうです。