メニュー 閉じる

18.月

18.月
18.月(逆位置)

月に対してあなたはどんなイメージを持っていますか?

結構人によって違うと思います。あまり明るいイメージを持っている人はいないと思いますが、だからといってネガティブなイメージを持っているかと言えばそうではないでしょう。ただ、タロットに関して言えば、月は「はっきりしない状況」を表しています。あまりいい状況ではありません。

月は太陽に照らされて光って見えます。月は28日間で新月から満月を経てまた新月になります。変化の象徴と言われてますね。新月であれば月は隠れた状況です。満月は月が全部見えているように思われますが、実は、月は裏側が地球からは見えません。私達の見ている月は満月であっても月の半分だけです。私達は月の裏の顔を知りません。全容がわからないわけです。

また、このカードには人物が描かれていませんね。とは言え月の中に横顔が描かれています。この横顔は、あなたが自分自身を「鏡」で見た状態だと思ってください。近未来や結果にこのカードが出ると、あなたは、近未来か最終結果として「この鏡で見た自分のようになっている」ということになります。

1.どんな状況?

空は明るいですが、月が出ているイメージからすると夜です。そしてあなたは、犬と狼に吠えられています。理由はよくわかりません。遠くの海は波が高くちょっと荒れていますね。そして、手前からザリガニが陸に這い上がってきました。あなたは、よくわからない何かに追っかけられ、逃げた先でもどうなるかわからず波乱(変化)が待ち受けている状況です。

ただし、ここに描かれている狼や犬やザリガニは実在しません。あなたが頭の中で考えた架空の生き物です。もしかしたら、たぶん、あなたの妄想や不安です。心理的に言えば、悩み事や心配事があってどうしたら良いかわからなくなっている状況ですね。占いに来る時、占いに頼りたい時の心境です。

日常あるあるシチュエーション

  • 実在する状況で言えば、霧の中やホワイト・アウトした道路を運転している状況
  • 状況がよくわからない。はっきりしない。隠されていることが多すぎる状況。
  • なにか隠している、秘密にしていることがある状況。裏がある。
  • この先何が起こるのか変化が読めない、予測できない。見通しが立たない状況。
  • 就職や入試の結果を待っている状況
  • 根拠のない不安に襲われている状況、妄想がふくらんでいる。
  • 彼氏とは秘密の関係(周りには知られたくない関係)
  • これからどうなるか想像すると不安で胸が張り裂けそう。
  • ストレスが溜まっている。ネガティブな発想しかできない。うつ状況。
  • あえてポジティブに考えると、イメージが膨らんでクリエイティブな創作活動が進む

などなど、あなたがカードを見て思いつくことは全て正解です。

2.月の正位置が出た時の対処方法は?

このように月が正位置で出た時はここに描かれている「狼」や「犬」や「ザリガニ」何なのか自分ではわからないことがほとんどです。単なる妄想の場合が多いわけです。ですのでカードをもう1枚引いてみましょう

3枚引いて残ったカードから「狼や犬やザリガニが具体的に何を表すのか教えてください」と心の中でカードに語り掛けて1枚引きます。出たカードはあなたを不安にする原因を表すヒントになります。

3.逆位置はどうなる?

逆になると、正位置より状況が見えてくる状況です。霧が晴れて周りが見える感じ、視界が良くなってきた感じが一番わかり易いと思います。でも霧が全部晴れたわけではありません。注意は必要です。

  • 今の現状、全容がようやくわかってきた。ちょっとホッとできた状況。
  • 相手の本当の顔がわかった。隠している部分が見えてきた。
  • 解決の糸口が見えた、課題の本質がわかってきた。見通しが立つ状況になった。
  • 夢や妄想から覚めた。現実が把握できた。

などなど、 あなたがカードを見て思いつくことは全て正解です。

4.アドバイス

アドバイスとして出た時の読み方は、このカードのようになりなさいというアドバイスになります。月の状況を受け入れましょう。

正位置なら、無理をしないこと、余計なことをしないことです。つまり自分に対しても相手に対してもそっとしておくこと、隠れているのなら隠れたままにしておく、詮索したりしないことです。
わからないことを明らかにすることは重要なことですが、必要のないことまで世の中に見せることが必要でしょうか?誰にも言いたくないこと、触れてほしくない事はあります。そこは、あなたが知りたくても触れてはいけませんよとカードは言っています。

逆位置なら、現実をしっかり見ましょう!ということです。あなたの感じる不安は、考えすぎの結果、あなたの中で膨らんだ妄想です。他人から見たら何の根拠もありませんし、それが現実になるかどうかなんてわかりません。わからないことに対して不安になるのではなく、分かる範囲で対処をすること、事実ベースで考えること、それが大切ですとカードは伝えています。

わからないことや先のことは、わかってから、起こってから考えれば良いのです。余計なことを考えるのは時間の無駄です。