メニュー 閉じる

ワンドの3

ワンドの3
ワンドの3(逆位置)

ワンドの3に書かれている人物は商人(ビジネスマン)と言われています。そして、ここに描かれている人物、これはあなたです。近未来や結果にこのカードが出ると、あなたは、近未来か最終結果として「この人物のようになっている」ということになります。

1.どんな状況?

あなたはワンドを持っています。やる気満々ですね。その後ろに2本のワンドがあり、これはあなたの味方か一緒に仕事をする仲間のようです。みんなで、山の上に立って、港に入ってくるあなた達の船を待ち焦がれています。早く来ないかな?と。船には商品が積まれており、それを売って収入を得る予定です。カードは全体的に明るいので、ワクワクしながら船を待っているように見えます。

日常あるあるシチュエーション

  • 仕事や恋愛が順調で、これからの展開に期待ができる状況、手ごたえを感じている。
  • 仕事上の協力者が現れる。人モノ金の支援が得られる。
  • 誘った相手からのリアクションを心待ちにしている。いい反応があることを期待している状況
  • Amazonからの荷物が来るのを心待ちにしている
  • 港や空港、駅などに出迎えに行っている。
  • 明日もがんばるぞ!と夕日に向かって叫んでいる

などなど、あなたがカードを見て思いつくことは全て正解です。

2.逆位置はどうなる?

逆になると、心待ちにしていた船が来ないので、待ちぼうけを食らった状況です。これからの予定が狂ってしまいます。あなたの読みが甘かったのかもしれません。

  • 来るはずのものが来ない。支援がなくなる。協力してもらえない。
  • 予定通りに進まずチャンスを逃してしまう
  • お相手から期待していた回答が来ない。リアクションがいまいち。
  • お客さんの反応がいまいち。ウケない。
  • 配属された人材が思ったほど即戦力ではなかった状況
  • 株価が上がると期待していたが、読みが甘かった。
  • 楽しみにしていたイベントに行ったが期待外れだった。

などなど、 あなたがカードを見て思いつくことは全て正解です。

3.アドバイス

アドバイスとして出た時の読み方は、このカードのようになりなさいというアドバイスになります。期待して持っておけ!とカードは伝えています。

正位置なら、うまくいった時の事を考えておきましょう、先読みして用意しておきましょう、期待して待っていていいよ!ということですね。また、あなたを応援してくれる人が現れるかもしれませんよ、ということなので、アンテナを張ってその人を逃さないようにしましょう。

逆位置なら、先のことを期待しすぎるな!とカードは伝えていますね。捕らぬ狸の皮算用をしないことです。また、お相手にも期待しすぎないようにしましょう。