メニュー 閉じる

ペンタクルの5

ペンタクルの5
ペンタクルの5(逆位置)

ペンタクルの5はみすぼらしい人物が外を歩いています。そして、ここに描かれている人物、これはあなたです。近未来や結果にこのカードが出ると、あなたは、近未来か最終結果として「この人物のようになっている」ということになります。

1.どんな状況?

あなたは雪が積もっているような寒い日に、裸足で外を歩いています。もしくは松葉杖をついて歩いています。今日とりあえずどうやってしのごうか?レベルのやばさです。マッチ売りの少女を彷彿させるカードですね。あなたを取り巻く環境、状況は非常に厳しいです。ペンタクルですので、基本的にはお金や物に困っていると言うことになります。

そして、背景はペンタクルが描かれたステンドグラスのある建物です。これは教会と考えていいでしょう。教会に行けばなんとか一時的に助けてもらえそうです。

日常あるあるシチュエーション

  • 日々のやりくりが大変な状況。収入が少ない。赤字が続いている。蓄えもない。
  • 定期的な収入がない。ワーキングプアー、その日暮らしの状況。
  • 厳しい職場環境。いくら頑張っても評価されない
  • 二人の関係を誰も認めてくれない。
  • 安心して寝れる家がない。居場所がない。家に帰っても安らげない。
  • 外の環境が厳しい中(すごく寒いもしくは猛暑日、暴風雨など)、外で作業をしている。
  • 立場的に厳しい状況に置かれている。もろ逆風で支援が得られない。
  • 怪我や病気で収入がなくなってしまう

などなど、あなたがカードを見て思いつくことは全て正解です。

2.逆位置はどうなる?

逆になると、背景に描かれた教会に一時的に避難できた状況です。雨風はしのげます。食事ももらえるかもしれません。もしくはあなたを助けてくれる人が現れたのかもしれません。でも一時的です。

  • 困っているところを助けてもらう。
  • 松葉杖をついていたので、シルバーシートを譲ってもらった。
  • 困っている状況を相談できる相手が現れる。
  • 猛暑の中、やっと冷房のあるところに入れる。厳しい環境から脱出する。
  • 急に雨が降り出して、雨宿りしている。
  • ○○110番に電話する
  • 一晩友人の家に泊めてもらう。

などなど、 あなたがカードを見て思いつくことは全て正解です。

3.アドバイス

アドバイスとして出た時の読み方は、このカードのようになりなさいというアドバイスになります。

正位置なら、今の厳しい状況を我慢しましょうです。安易に助けを乞うのはよろしくないようです。自分なら、苦しかったら人に頼るのは全然ありだと思うのですが、このカードが出た時は、あえて過酷な状況下に身を置きなさい!と言っているのです。いい意味でプライドを持ちなさいということなのでしょう。

逆位置なら、もう助けを呼んでください。一人で我慢している状況ではありません。知り合いでも、公的機関でもいいから駆け込みましょう!

ずっとお世話になるわけではありません。困った時は一時的にそういった恩恵(施し)を受けたって良いんだよ!ということです。