メニュー 閉じる

ワンドの6

ワンドの6
ワンドの6(逆位置)

ワンドの6は白い馬に乗った人物が他のメンバーと共にパレードしています。そして、ここに描かれている人物、これはあなたです。近未来や結果にこのカードが出ると、あなたは、近未来か最終結果として「この人物のようになっている」ということになります。

1.どんな状況?

あなたは白い馬に乗っています。一応このグループの代表、リーダということです。ワンドの5はみんながフラットな関係でまとまりのないグループでしたが、ワンドの6になってチームをまとめる人が現れて、内部の秩序が安定したということです。そして目標が達成されたり、成果・結果が出たことを周りに知らせているところです。

日常あるあるシチュエーション

  • みんなで頑張った結果試合に勝ったので、応援してくれた人達に報告している状況
  • コンペに勝ったり、ノルマを達成したのであなたが知り合いや上司に報告している
  • 大学に合格したり、就職が決まったり、お付き合いを始めた事などをまわりに伝えている
  • あなたの成果をSNSで不特定多数に公表する。いいねがついて、みんなが喜んでくれる。
  • 映える写真をインスタに乗せる。見て欲しい気持ち。見てみてすごいでしょ!

などなど、あなたがカードを見て思いつくことは全て正解です。

2.逆位置はどうなる?

逆になると、あなたの成果をみんなに伝えたいのですが、相手が不快になるような内容だったり、伝えた結果祝福されるというより炎上してしまう状況です。鼻につく感じですね。

  • 競馬で当てたのだけど、相手が外してるので取ったのを言いづらい状況
  • 競馬で当てた馬券をSNSに上げたら、フォロワーが減ってしまった。
  • たまたま自分だけうまくいってしまい、あまり周りに言えない状況
  • 原宿の有名な店でランチしてる写真をSNSにUPしたら、嫌味に思われてしまった。
  • 自分の自慢話をしすぎて調子に乗っていると見られてしまう。
  • カラオケでマイクを離さず、みんなからうんざりされている状況
  • 大人なのに子供のように言いたい放題やりたい放題している

などなど、 あなたがカードを見て思いつくことは全て正解です。

3.アドバイス

アドバイスとして出た時の読み方は、このカードのようになりなさいというアドバイスになります。みんなに成果報告をしよう!結果をオープンにするといいよ!とカードは伝えています。

正位置なら、いい結果はちゃんと報告するといいよ、代表して祝福してもらってください。たぶん自慢しても大丈夫です。みんな喜んでくれます。

逆位置なら、ちょっと自慢しすぎて炎上するわけですから、カードが逆さまになった状態=馬に乗らない、グループの代表にならない、みんなに伝えないほうがいいということです。

つまり、もしグループの代表になりそうなら断ること、成果は公表せず心の中のとどめておくことです。SNSに載せたり公表するにしても、TPOをきちんと考えましょうね。