メニュー 閉じる

カップの6

カップの6
カップの6(逆位置)

カップの6はお兄さんが弟にお花をプレゼントしています。そして、花をもらっている人物はあなたです。近未来や結果にこのカードが出ると、あなたは、近未来か最終結果として「この人物のようになっている」ということになります。

※あなたが花をあげている方の人物の場合もあります。

1.どんな状況?

この絵に描かれている状況は、あなたの過去の事と言われています。あなたは花の入ったカップをプレゼントされています。あなたは今昔の事を思い出しています。だれでも何らかの過去のいい思い出はあると思います。それは兄弟や家族や昔の友人との思い出かもしれませんし、前の彼氏との思い出かもしれません。もしくはそういったことを思い出すような出来事があります。

日常あるあるシチュエーション

  • 昔の楽しかったことを思い出している
  • 久しぶりに幼なじみ、昔の友達と会ったり連絡を取り合う
  • 同窓会に出る、そういった昔の学校や会社、サークルのメンバーで会合がある。
  • 昔のアルバムやブログを見返している
  • 元彼との楽しい思い出に浸っている。今彼氏はいない。
  • 現在一人暮らしをしていて、ちょっとホームシックになっている。
  • 単純に絵の通りで、身近な人にプレゼントをあげたりもらうこともあります。

などなど、あなたがカードを見て思いつくことは全て正解です。

2.逆位置はどうなる?

逆になると、過去の思い出に浸っていたいんだけど、現実に戻されている状況です。あなたの頭の中は「今」に戻されています。現実に戻ったときの状況は大きく2つあるかと思います。1つは、感傷に浸っている場合ではないという現実感が来る場合と、もっと感傷に浸っていたいという思いが強い場合ですね。

  • 現実逃避していた状況から我に返り、現実を直視している状況(現状は厳しいけど何とかしようとしている)
  • 過去を精算する、すっぱり捨てる、元カレの思い出は捨てる。前を向く。
  • 現実逃避していた状況から脱出できず、現実を直視できていない状況(現実は厳しいので逃げている)
  • いつまでも子供みたいな発想をしている、子供っぽさが抜けない。自立していない状況。
  • 赤ちゃん返りしている、お相手にべったり甘えている。

などなど、 あなたがカードを見て思いつくことは全て正解です。

3.アドバイス

アドバイスとして出た時の読み方は、このカードのようになりなさいというアドバイスになります。昔の楽しかった頃を思い出すのもいいのでは?とカードは伝えています。

正位置なら、昔のことを回想してみるのもありですよ、感傷に浸ってみてということです。相手の人とのいい思い出に浸ってノスタルジックになりましょう。それはあくまでも過去のことですが、そういう時間があってもいいんじゃじゃないですか?ってカードは言っています。

逆位置なら、逆のカードのようになりなさいということなので、いつまでも感傷に浸っていないで現実を直視しましょう、過去を振り返るのはもう止めにしましょう。心の中にしまっておいて!ということです。見てる先を過去ではなく今や未来にすること、それが占いのテーマに向き合う上で重要なポイントだということです。