メニュー 閉じる

ソードのペイジ

ソードのペイジ
ソードのペイジ(逆位置)

ソードのペイジにはソードを持って何かしようとしている少年が描かれています。そして、ここに描かれている人物は、「あなた」もしくは「あなたと深く関連する人物」のどちらかです。近未来や結果にこのカードが出ると、あなたは、近未来か最終結果として「この人物のようになっている」か「この様な人物と深く関係する」ということになります。

ペイジの人物像についてはこちらを参考にしてください。

人物カードを理解しよう

ペイジは必ずしも子供とは限りませんし、男の子とも限りません。人物カードは見た目というより精神年齢や言動で考えましょう!

1.どんな状況?

子供にもいろいろな性格の子供がいますが、 ソードのペイジは賢い子供です。頭の回転が早く、コミュニケーションが上手く、言葉できちんと表現する(伝える)事ができます。冷静で事実を正しく把握する力があります。判断力もあります。

ソードのペイジの特徴的な言動

  • 地頭がいい、状況判断が的確、人の意見に左右されない冷静さがある。
  • 判断力がある、コミュニケーションが得意、人とうまく合わせられる。
  • 情報収集や情報発信がうまい。SNSもフォロワーが多い。物知り。
  • 観察力がある。流行に敏感。

イメージできる人物像はコナン君や一休さんです。

2.逆位置はどうなる?

逆になると、頭はいいんだけど、それを悪い方に使います。言い訳が得意で、ずる賢くって、相手の出方を見るような、探りを入れてくるような人物です。意図的にガセを流したりするかもしれません。

  • 自分が悪くても言い訳をする。その言い訳が結構うまい。口達者。ああ言えばこう言う。
  • うまくごまかす。せこい。はぐらかしたり狡猾な作戦を考える。
  • 詮索するのが好きで、あれこれ知りたがる。噂話が大好き。
  • 簡単にフェイクニュースを信用して広める。
  • 秘密を簡単に漏らす。尾ひれをつける。

イメージできる人物像は、子供のふりをして刑事さんから情報を聞き出すときのコナン君ですね。

3.アドバイス

アドバイスとして出た時の読み方は、このカードのようになりなさいというアドバイスになります。頭を使って賢く対応しよう!とカードは伝えています。

正位置なら、正しい情報を収集しよう(情報ソースを確認する)、事実を元に判断しよう、SNSをうまく活用しよう、コミュニケーションをきちんと取って!とカードは言っています。

逆位置なら、逆の状況になりなさいということなので、うまく相手をはぐらかしたり、言い訳しましょうということです。今の状況は必ずしも全て正直に対応しなくてもいい場面かもしれません。本音は隠しておく方が良いかもしれませんし、探りを入れたり、カマをかけてみることも必要なのではないですか?ということですね。