メニュー 閉じる

ペンタクルのA

ペンタクルのA
ペンタクルのA(逆位置)

ペンタクルのAはペンタクルを代表するカードです。このカードには人物がいません。でも手はあります。近未来や結果にこのカードが出ると、あなたは、近未来か最終結果として「ペンタクルを持った人物になっている」ということになります。

1.どんな状況?

人物がいないため抽象的なカードですね。一見どんな状況が描かれているのかイメージしにくいと思います。ペンタクルを載せた手が雲の中から現れています。ペンタクルは形のある価値のあるものですから、あなたはそれを手にしたということになります。ただし、それを形にするにはかなりの努力と手間ひまがかかっています。頑張った証でもあり大事なものなのです。

日常あるあるシチュエーション

  • 頑張った結果、多くの収入を得ることができる。
  • 頑張った結果、マネージャやリーダーに抜擢される。肩書のある役職に就く。
  • 頑張った結果、希望の学校に合格する、資格を取得する。
  • 大事なものやずっとほしかったものを手に入れる。
  • なくしたものが見つかる。
  • 子供ができる。

などなど、あなたがカードを見て思いつくことは全て正解です。

2.逆位置はどうなる?

逆になると、手からペンタクルが落ちてしまいますので、あなたの大事なものがなくなる、壊れる、使えなくなるといった状況になります。ポイントはあなたが持っていたものがなくなる点です。最初から持ってないものはなくなりませんよね。また単純に出費が多いのかもしれません。今月は赤字みたいなケースです。

  • 結構大きな出費が必要になる状況
  • 頑張って得た役職や立場、肩書がなくなる。失業する。バイトやパートの仕事がなくなる。
  • 人に預けていたものが返ってこない、貸したものが返ってこない。
  • 投資したら価格が下がってしまった状況
  • 大事のものをなくす、壊れる、盗まれる
  • なくしたものが見つからない
  • 資格やスキルが役に立たない、もう時代遅れになってしまう。

などなど、 あなたがカードを見て思いつくことは全て正解です。

3.アドバイス

アドバイスとして出た時の読み方は、このカードのようになりなさいというアドバイスになります。つまり、頑張ってペンタクルをゲットしよう!とカードは伝えています。

正位置なら、頑張って目に見える結果を残そう、お金をいっぱい稼ごう、資格を取ろう、希望の学校や会社に入ろう、出世しよう、今の仕事を成し遂げようなどですね。頑張ってくださいね!

逆位置なら、逆に大事なものを捨てたほうがいいよ!ということです。

物は基本的に古くなると価値が下がっていきます(不動産とかアンティークみたいな例外もありますが)

資格とかもそうです。昔取った情報処理の資格は今はほとんど役に立ちません。ちゃんと自己研鑽し続けていく必要があります。それができなければ捨てる選択もありなのです。捨てないで大事にする選択もありますが、その場合は別のカードがアドバイスとして出るはずです。

逆位置はそういったペンタクルを手放すこと、捨てること、役割や資格を返上することが大事ですよ!と言っています。あなたは今でもそれが大事なものだと考えているのですが、周りから見るとそれはもう価値が下がってしまったものなのです。

また、形にすることにこだわらないでいいよ!という意味もありますね。もっとプロセスを大事にしてみましょう。