メニュー 閉じる

ワンドのキング

ワンドのキング
ワンドのキング(逆位置)

ワンドのキングには、ワンドを持って椅子に座っている立派な男性が描かれています。そして、ここに描かれている人物は、「あなた」もしくは「あなたと深く関連する男性」のどちらかです。近未来や結果にこのカードが出ると、あなたは、近未来か最終結果として「この男性のようになっている」か「この様な男性と深く関係する」ということになります。

あなたが女性なら、このカードがあなた自身の状況を表すことは(普通)ありません。 あなたと深く関連する男性と考えて当てはまる人物がいないか考えてみてください。

キングの人物像についてはこちらを参考にしてください。

人物カードを理解しよう

キングは男性ですが、ペイジのような子供っぽさもありませんし、ナイトのように現場で汗をかいて手を動かすような人物でもありません。人物カードが誰を表すのか考える時は、精神年齢や言動で考えましょう!

1.どんな状況?

この人物は、一言で言えば熱く語る店長や経営者、監督・コーチ、校長先生ですね。いつも高い目標を掲げており、それを達成しようと張り切っている男性です。とにかく行動力があり、自信があり、リーダーシップがあります。フロンティア精神の塊みたいな人です。

ワンドのキングの特徴的な言動

  • 自分で会社やビジネス・事業を立ち上げ、信念を持って行動してやり遂げようとするタイプ
  • 野心家で出世欲が強い。大きな仕事をしたい。豪快さがある。
  • 情熱的で熱いイメージ。冷静さはない。自分の思いで動く、仲間を奮い立たせるようなタイプ。
  • リーダーシップがある。情熱と目標を実現するパワーを持っている。
  • 亭主関白なお父さん
  • 熱く指導するチームの監督

2.逆位置はどうなる?

逆になると、熱すぎて周りが迷惑する人物です。立場が上の人なので、下の人が止めるのは中々困難です。怒鳴り散らしたり、わかりやすい暴言やパワハラをします。老害と言われても仕方ありません。

  • 自慢話や武勇伝をする。見栄っ張り。空威張りする。
  • ワンマンで人の話を聞かない。容赦なく周りを巻き込んでくる。
  • 怒りっぽい。気が短く、イライラしがち。
  • すぐ大きい声を出す。怒鳴る系のパワハラおやじ。
  • 脂ぎっていて暑苦しい。
  • スパルタ指導の監督、昭和の体育会系指導者。
  • 血圧が上がる。頭に血が上る。
  • 欲望をコントロールできない。

3.アドバイス

アドバイスとして出た時の読み方は、このカードのようになりなさいというアドバイスになります。あなたが先頭に立って道を切り開いてください!とカードは伝えています。

正位置なら、あなたがリーダーになって新しいことを始めよう、政治家のように熱く語ろうとカードは言っています。とにかく熱意を表に出すことが重要です。

逆位置なら、あえてスパルタ的なやり方をしてみましょう。もちろんやりすぎはまずいですが、交渉の手段として、作戦の一つとして、あえて脅しに近いような事やちゃぶ台をひっくり返すようなパフォーマンスをやってみるのもありですよ!とカードは言っています。